当こども食堂が推進するSDGsについて

はじめに(SDGsとは)

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの地域レベル、国レベル、世界レベルでの社会課題の解決に向けた「持続可能な社会(世界、地球)」を実現するための持続可能な開発目標(SDGs)として、17のゴール・169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

せいじゅん たすけあい こども食堂が目指しているSDGsの目標

国連が提唱した17のゴールのうち、当こども食堂が取り組んでいる目標は以下の9つです。今後当食堂のホームページのトップページや配布するチラシ、報告書などには当こども食堂が取り込む以下の9つの目標をロゴを記載いたします。また今後当こども食堂に参加のこども達に、世界のこども達や世界の人々と暮らし(その多様性)への理解と、日本との関わりについての理解を深める機会(国際理解教育:ESD)を「ふれあいタイム」などで、進めて参ります。

目標1.「貧困をなくそう」 

    あらゆる場所に、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

 

目標2.「飢餓をゼロに」 

    飢餓に終止符を打ち、食料の安定供給と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

 

目標3.「すべての人に健康と福祉を」

    あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

 

目標4.「質の高い教育をみんなに」

    すべての人に包括的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

 

目標5.「ジェンダー平等を実現しよう」

    ジェンダー(性別)の平等を達成し、すべての女性と女子のエンパワーメントを図る

 

目標10.「人や国の不平等をなくそう」

    国内や国家間の格差を是正する

 

目標11.「住み続けられるまちづくりを」

    都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

 

目標16.「平和と公正をすべての人に」

    持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、

    あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

 

目標17.「パートナーシップで目標を達成しよう」

    持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)