· 

こども食堂「体験農園べじたっち」Now!

秋は収穫の季節。

 

こども食堂農園は月に3回、植え付け、みずやり、栽培から収穫まで、こども達が生き物(植物)を育て、自然に慣れしたしみ、生き物を大切にする心と、食べ物に感謝する心がこども達に醸成されることを目指して、こども食堂の食育活動の中核として、本年より活動しています。

10月3日には、学習支援の休憩時間に、ナスビとピーマンの収穫を行いました。夏の間、暑すぎたのか少し元気がなかったですが、秋になって俄然元気が出てきて、秋ナスビ、ピーマン、プチトマトが沢山収穫でき、抱えて持って帰りました。こども達は段々今まであまり食べなかった野菜でも、自分で育て採った野菜とあって、食べれるようになってきているようです。

 

農園に出かけることを大変楽しみにしている子も多いです、農園(土いぢり)がこども達の新たな居場所になっています。

 

また本日(10月4日)には、こども食堂「体験農園べじたっち」のサツマイモ掘りの事前トライアルを実施、1株だけですが沢山の収穫あり。今度の日曜日10/11のこども食堂午後に沢山のこども達とお芋掘りを行います。是非お越し下さいませー(午前中はハロウィン仮装パーティーです)。

 

この農園は「こどもの未来応援基金(事務局:内閣府、厚労省、文科省、WAM)の助成で運営しております、ご支援に心から感謝申し上げます。