· 

コロナ感染症対策緊急支援事業「ひとり親をみんなで支えようPJ」(第1期)終了

「ひとり親をみんなで支えようPJ」と題して、NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえさまをはじめ、地元の飲食店 わだいにんぐ麿さま、富乃屋さま、産直市場よってって大和郡山店さまや、全国各地の企業や個人の方々より沢山の支援品の提供を賜り(掲載の写真はその一部です)、6月25日~9月24日まで毎週木曜日に、夕食(弁当)や食材、食料品の無料提供(配布)を実施いたしました。結果、当初想定の利用人数(延べ)780人、のべ208世帯に対して、想定を超える延べ882人、延べ337世帯、実数で29世帯に対して、夕食(弁当)の配布および食材の配布および配達を行うことができました。参加ボランティアは延べ55人でした。

実施後に無記名でのアンケート調査を行った結果、満足度は5点満点で4.96点と極めて高い評価を得ました。

 

・回答のうち78.3%の世帯が、本PJへの参加によって家庭内に変化、行動変容があったと回答されており、「木曜日はちゃんとこどもがご飯を食べてくれるようになった」、「週に一度でも夕飯を作る時間を削れるので長く働けたり、身体を休めたりとても有難い」といった経済的、あるいは肉体的な軽減効果に加えて、「毎週木曜日を子供達が凄く楽しみにしていて、前日の夜は毎回話をするようになった」、「家族内での会話が増えた」、「子供とゆっくり過ごせる機会となった」といった家族内でのコミュニケーションの増加、「子供が喜んで笑顔が増えた」などといった精神的な効果、更には「お弁当をもらいにいった時の声かけてくれる言葉が幸せでした」、「子供達が色々と子供食堂や見えないサポートしてくださっている方の事を考えるようになった」、「頼れる場所があるのはありがたい」、といった孤立しがちなひとり親家庭との人間関係の構築に大きく貢献したことがわかりました。参加のうち96%のひとり親家庭が本事業の継続を強く要望されていることから、行政(奈良県)や関連NPOに対して、支援(助成金)をお願いしているところでございます(10月末頃よりパート2実施を計画中)。本法人では、どんな中にあっても、ひととひとが繋がりあり、互いに暖かい心でたすけあう社会の実現を目指して、活動を続けて参ります。どうか引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

 

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)