· 

クラウドファンディング活動報告書

当こども食堂初のクラウドファンディングとして、2020年3月23日~4月17日の26日間にわたり、「こども達の居場所としてプログラミング教室を!こども食堂の挑戦」と題して、月3回開催予定(当初)のプログラミング教室で使用するロボットの購入資金の募集をさせていただきました。

 

スタート直後はこども食堂につながりの深い方々より順調にご寄付をいただいておりましたが、中盤以降なかなか伸び悩み、これは無理だなあ、すでにご寄付いただいた皆様に申し訳ないなあと思案しておりましたところ、最後の5日間で思いもよらない程の、本プロジェクトに対する大きな期待と支援を賜り、結果35人の方々より合計で533,000円(目標500,000円)のご支援を頂くことができました。

 

クラウドファンディング成立後、当初は、年度初めよりプログラミング教室を本格スタートさせる計画でしたが、新型コロナ感染症の流行拡大に伴い、こども食堂の通常事業は中止し、かわって感染症の影響を大きく受けておられるひとり親の子育て家庭への支援に特化し、3月より毎週の食事の提供や食料品などの無料配布をおこない(現在も実施中)、当初計画より約2か月遅延いたしましたが、なんとか5月下旬より、本プログラミング教室を本格スタートさせることができました。

 

本プロジェクトの実施内容として、「Makeblock プログラミングロボットmBOTを4台、レゴWeDo 2.0を4台購入することを以て、プロジェクト実施完了と致します」といたしておりましたところ、新型コロナ感染症流行に伴うロボットの調達(米国および中国よりの輸入)に非常に時間がかかりましたが、6月末に全て購入することができました。ここに本活動の報告書を送付させていただきます。

 

皆様のご支援の賜物として、本プログラミング教室は、こども達にとっての「とまり木・居場所」であるとともに、学校や家庭では殆ど学ぶ機会のないコンピュータサイエンスや幾何学、コンピュータミュージックなどの最新の学びを実践できる「まなびば」として、素晴らしいスタートをきることができました。ここに改めて皆様のご支援に深く感謝申し上げます。また引き続きのご支援を賜れますよう、お願い申し上げます。

 

 

活動報告書は、こちらから

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)