· 

8/1~3 夏休み特別企画「学習支援&プログラミング教室」開催

新型コロナ感染症流行に伴う休校のため、夏休み期間が短縮となっていますが、当こども食堂では、こども達の夏休みの宿題や補習、更には自由研究の課題をサポートするため、8月1日~3日の3日間の日程で夏休み特別企画を実施いたしました。新型コロナ感染症対策として、参加者全員、手洗い・アルコール消毒、マスク着用のうえ、室内を換気扇にて強制換気を行いつつ、実施いたしました。学習支援での夏休みの宿題を持ち寄り、大学生、高校生、社会人のボランティアより個別に勉強を見てもらって、静かに学習に取り組みました。また、夏休みの自由研究として、AIについての調査研究および、こども食堂農園に出かけて、きゅうりとかぼちゃの相違点についての観察を行いました。更にプログラミング教室では、Aコース(入門)、Bコース(音楽作品制作)、Cコース(ロボット作成&制御)の3コースに分かれて、楽しくプログラミングに3日間取組ました。Aコースでは、初日には人工知能(AI)とはなにかを、米国のAIのサーバーに接続しながら、AIを体感。二日目はダンス創作プログラム、3日目は図形作成を勉強いたしました。Bコースの音楽作品作成では、Music Blocksを使いながら、好きな音楽をプログラミング。ロボット作成&制御コースは、初日にmbotの組立、2、3日目には、ロボットを決められたコースを走行させるタイムトライアルに挑戦、3チーム(2名づつ)に分かれてチーム戦を行いました。

子どもたちみんなそれぞれ一生懸命に取り組んでいる姿が印象的で、難しい内容もありましたがあきらめずによく頑張っていました。こども達の感想として、AI、ダンス作成、ロボットプログラミングが非常に楽しかったと書かれていました。

3日間の参加者は延べで、学習支援がこども35,大人9、ボランティア31人。プログラミングがこども46,大人21,ボランティア27人でした。

2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)