· 

クラウドファンディング「こども達の居場所としてプログラミング教室を!こども食堂の挑戦」実績報告!

こども達が待ち望んだ待望のロボット8台が届きました!!

【まずは皆様にお礼を申し上げます】

当こども食堂初のクラウドファンディングとして、2020年3月23日~4月17日の26日間にわたり、「こども達の居場所としてプログラミング教室を!こども食堂の挑戦」と題して、月3回開催予定(当初)のプログラミング教室で使用するロボットの購入資金の募集をさせていただきました。スタート直後はこども食堂につながりの深い方々より順調にご寄付をいただいておりましたが、中盤以降なかなか伸び悩み、これは無理だなあ、すでにご寄付いただいた皆様に申し訳ないなあと思案しておりましたところ、最後の5日間で思いもよらない程の、本プロジェクトに対する大きな期待と支援を賜り、結果35人の方々より合計で533,000円(目標500,000円)のご支援を頂くことができました。ここに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます!!

 

【結果報告】

・本プロジェクトの実施内容として、「Makeblock プログラミングロボットmBOTを4台、レゴWeDo 2.0を4台購入することを以て、プロジェクト実施完了と致します」といたしておりましたところ、新型コロナ感染症流行に伴うロボットの調達(米国および中国よりの輸入)に非常に時間がかかりましたが、6月末に全て購入することができました。

 

・あわせて現在のプログラミング教室の状況をご報告申し上げます。

 

①試験運用(本年2月~3月末)

・高校生らによる発案のビジュアルプログラミングやキーボード練習ソフトを用いたカリキュラムの検討と実際の試験運用を2か月間、こども食堂によくやっていくこども達を対象に実施し、習熟度別のクラス編成と実施プログラムおよび修了の目安(修了試験の実施)を作成いたしました。

 

②暫定スタート(4月~5月中旬)

・新型コロナ感染症流行拡大に伴い、4月の本格開校ができないことから、特に支援の相談要請のあったこども達らを対象に、毎週1回、プログラミング教室を暫定的に開催いたしました。結果、予想以上にこども達の反響が大きく、同日のプログラミング教室前に開催の学習支援におけるこども達の学習意欲が格段に改善し、1時間以上真剣に学習するようになったことに加えて、プログラミング能力の習熟度が予想以上に早く、基礎学力向上に加えて発展的な学習内容の理解に対して、大きな効果があることがわかりました。

 

③本格スタート(5月下旬以降)

・休校解除を受けて本格的にスタートし、習熟度別に「入門コース」と「初級コース」を設定し、毎月3回のプログラミング教室を開始いたしましたが、感染予防のため、密にならないよう定員制(1クラス8名まで)を設けた募集を開始したところ、定員を超える非常にたくさんの応募を頂きました。4月1日より隔月にて大和郡山市発行の情報誌「つながり」に当法人の開催案内が掲載されることになったことや、地元小学校、中学校にて、当法人の行事案内のビラ配布やポスター掲示が始まったことから、多くの申し込みを頂く結果となりました。そこで6月より1クラスの人数を5名より8名とするとともに、同日に2回に分けての開催を行うとともに、毎週水曜日にはウェブでのプログラミング教室の開催も始めました(ひとり親や必要とされるご家庭にはパソコンなどの機材の借用を開始)。

 

・プログラミングの内容は、ソフトの使用方法の説明に止まらず、我慢強く自分の力で考え、創造する力の向上を図ることを目的としたプログラムとなっており、入門コースの中盤以降には、算数や音楽、理科、社会の教科の基礎的な学習に加えて、進度が進んだこどもには、学習指導要領の範囲をはるかに超えた発展的なカリキュラムも用意しており、初めてキーを叩くこどもから専門的な勉強を学びたいこどもまでをカバーできる広範な内容になっております。結果、こども達は、こども食堂にきたり、ウェブでのプログラミングを通じて、いきいきを非常に意欲をもって取り組むようになってきました。プログラミングがこども達にとっての止まり木であり、居場所になっていると感じております。またあるお母さんよりは、学校のテストをもって来られてよく勉強ができるようになったと感心されていました。

 

④ロボットプログラミングに向けて

・今回購入させていただいた2種(4台づつ)は、主として中級コースにて使用することを予定しています。具体的には8月1~3日に、夏休み特別講座として3日間連続でロボットプログラミングの特別教室を開講することを皮切りに、以後主に初級コース以降のこども達を対象に、ロボット制御を通じて、更に学習意欲の向上を目指します。

 

・添付写真は、ロボット組立・制御のデモを6月に開催した時の写真(下の写真)及び、7月4日のプログラミング教室( 入門コース)の参加者の写真(上の写真)です。

【収支報告を申し上げます】

・収入 533,000円

 

・支出 533,939円 (939円は別途こども食堂へのご寄付金より捻出しました)

(以下内訳)

 ロボット購入費  mBot @13000  4セット   54,220

          LEGO WeDo 2.0 4セット  114,390

 

 ロボット制御機材費 中古パソコン 7台    100,100

           マウス、ハブ等PC関連機器 21,471

           参考書           23,758

 クラウドファンディング運営会社への手数料     220,000 

 

【リターンの発送状況についてお知らせ】

・ご支援に対する礼状を全てのご支援者に送付させていただいております。

・こども食堂のホームページの広告欄に御社名あるいはご氏名を掲載希望の方には、1年間掲載させて頂いております。

・購入物品の写真、こども達がプログラミングを学習している写真やこども達の声をレポートにまとめ、メールで送らせていただきます。(2020年8月頃)

・こども食堂でこども達と一緒に食事を!!を希望された方には、当こども食堂自慢のおいしいカレーを、こども達を一緒にお食事頂ける食事券を3枚送付いたします(8月下旬)。ご家族、ご友人を誘ってお越しくださいませ(無記名、半年間有効)。

・和紅茶セットをご希望の方には、京都府京田辺市の障害者施設でこども達が作った「和紅茶」などをリターンとプレゼントいたします。(8月下旬)

 

【今後について情報発信】

READYFORでのプロジェクトはこれで一区切りがつきますが、

いよいよ本格的なロボットプログラミングがスタートいたします。

 

学校に行きづらいこども達や人付き合いが苦手、学校の勉強が面白くない、苦手、あるいは将来の夢が描きにくいといったこども達が多いという現実を少しでも改善できるように、こども食堂の更なる挑戦は続きます!!

 

最後に本クラウドファンディング以降に、本取組みに対して、奈良県中央善意銀行よりの助成金及び、個人、企業の方々よりご寄付を頂いておりまして、参加希望者増加に伴い大幅に不足しているパソコンやロボットの購入に大切に使わせていただいております。

 

引き続き皆様からの応援を賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)