· 

プログラミング教室機材(ロボット等)購入のためのクラウドファンディング 目標を達成!! 心から御礼申し上げます

3月23日より4月17日まで26日間実施して参りましたクラウドファンディングは、延35人の方々よりご支援をいただき、目標の500,000円を超える533,000円のご寄付を頂き、成立いたしました!!

 

これもひとえに皆様方の暖かいお気持ちと、なんとかこども達に、ロボットを用いたプログラミング教室を通じて、こども達がほっと心を休め、安心でき、将来のための様々な学びを経験できる「止まり木」「居場所」を作ろうとの思いが結集した結果だと、心から感謝申し上げます。

 

今、世界中で拡大している新型コロナ感染症の影響で、こども達は家でひっそりと、不安な毎日を送っています。ずっとこども達だけで長時間留守番をしているこども達も多くいます。いつ終わるかしれない、先が見えない不安の中で、生活のリズムが狂い、学習意欲も減退しているこどももかなり増えてきました。

 

本プロジェクトは、そのような多くのこども達にとって、熱中でき、かつロボット作成とプログラミングによる制御を通じて、科学や数学の面白さと、リアルな世界(ロボット)と仮想空間(プログラミング)がつながっているということを実感できる、まさにSociety5.0の世界を真っ先に体験できるでしょう!!

 

頂きましたご支援は、

1、制御ロボット(写真を参照くださいませ)

 ①Makeblock プログラミングロボット mBOT 4台  

 ②レゴ WeDo 2.0  4台 

2、プログラミング用の備品(Ipadなど)や参考書などのプログラミング教室の運営資金

3、クラウドファンディング手数料

(合計53.5万円)

に大切に使わせていただきます。

 

なおご支援者の皆様には8月頃をめどに、活動実績レポートを送付させていただきます。

 

皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

そして何より、新型コロナウィルス感染症の終息を心から願っております。

 

特定非営利活動法人 せいじゅん たすけあい こども食堂

代表理事

乾 真理

2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)