· 

全国こども食堂支援センター・むすびえ主催「新型コロナ感染症対策支援・オンラインセミナー」のインターネット会議に参加

本日午後、全国こども食堂支援センター・むすびえによる全国のこども食堂関係者、中間支援団体、支援企業、行政、報道機関など206団体が参加された初めてのZoomによるインターネット会議が開催され、当こども食堂より乾 直樹事務局長が参加いたしました。むすびえの湯浅誠理事長(東大教授)が、社会の状況に合わせて、アンケート調査の結果も踏まえこども食堂の状況を説明、続いて「新型コロナウィルス対策緊急プロジェクト」にて、全国のこども食堂を支援くださった株式会社神戸物産の杉浦秀爾さん、山口県宇部市で日々変化する状況に対応しながらこども食堂の活動やお弁当配布をされている金子淳子さん(こども食堂「みんにゃ食堂」主宰、金子小児科院長)、八王子こども食堂ネットワークやフードバンク八王子で支援活動をされている川久保美紀子さんをゲストにお迎えし、活動現場の状況などをお話いただきました。「今をしのぐ」「明日をひらく」という基本コンセプトに基づいて、社会として必要なことは何か、その中で私たちにできることは何かを改めて考える機会となりました。そのうえで、当こども食堂で、現在進めております、母子家庭、父子家庭あるいはお子さんのいらっしゃるお困りのご家庭などへの支援として注力しております

①昼食(カレー)の配布

②フードパントリーおよび食品、食材の無料配布

③個別学習支援

につき、今日議論された内容と当こども食堂の方向性が合致していることに、勇気を頂きました。

また、行政、学校、中間支援団体さまとの連携強化が大切であると感じました。当こども食堂といたしましては、大和郡山市役所、市教育委員会、市内の公立小中学校、社協との連携をさらに進めて参ります。

 

ご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

#全国こども食堂支援センター #むすびえ #こども食堂 #新型コロナウィルス対策

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)