· 

児童虐待防止協会の特別セミナーに参加いたしました

10/19(土)、児童虐待防止協会の特別セミナー「虐待してしまう親の理解と対応」の講演会に、代表理事、事務局長、看護師のコアボランティアの3名で参加いたしました。講師は、山梨県立大 西澤 哲教授、先生は目黒区の女児虐待事件で被告の心理鑑定にも関われました。

 

児童虐待は世代(親子)間に連鎖する事例が多いが、なぜ連鎖してしまうのか。体罰肯定感(日本人の6割が肯定、自分の体罰を肯定する口実として)、被害的認知(こどもからの被害)、自己欲求の優先傾向(愛情、依存欲求の未充足の結果、こどもの頃に愛情を受けてこなかった)の3つが主要な因子であるとされる。虐待の本質は、親によるこどもの乱用性(こどもへの八つ当たり、親がこどもを利用している)である、体罰も、こどもに自分のいうことを聞かせたいという有能感、達成感という力の乱用、支配性であるとされる。また依存欲求の未充足と虐待にも関連がある。依存症の病理として、薬物依存、賭博依存、男性依存、ネット依存など、深刻な虐待に関わる母親には、強い依存、愛情欲求の未充足が認められる。また父親は、自己の効力感、自尊心の形成不全からくる支配の追求とされる。

 

虐待傾向のある親の心理的支援として、体罰やネグレクトの有害性の認識形成→心理教育(他者視点の獲得、共感性と罪悪感を取り戻すこと)、体罰を用いないという契約(嗜癖としての理解)→半年間とか約束する、その上で、心の中で何が起こっているのか、体罰の背後にあるものの分析(アタッチメントとの関連より)、最後には「過去との決別→親で形成されたグループにおける安心感、アタッチメントの形成を示唆されました。

 

大阪市西区のネグレクト死事件の加害者の母親の心理鑑定の経験より、「ママのロールモデル」の経験および育てられたことの喜びの欠如が原点にあって、それを改めて作り出すことが大切だと感じました。

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)