· 

児童虐待防止の研究会に事務局長が参加いたしました

本日は児童虐待防止協会主催のChild Abuse(児童虐待)研究会に出席致しました。テーマは「養育上の困難をどう乗り越えていくか」、講師は内海 新祐先生(児童擁護施設 川和児童ホーム 臨床心理士)。様々な児童虐待を受けたこどもの行動を踏まえて、それらのこどもの養育上の困難をどう乗り越えて行くのかというお話でした。虐待を受けたこどもには、施設保護など虐待がなくなった後、「わざわざ安心感、安全感を壊す状態を引き起こす状況」を作り出す子がいる。心理学的解釈としては、自己確証過程という行動、すなわち、過去に培ってきた他者との関係性、世界に対するイメージに基づいて外界に働きかけるという。つまり、虐待を受けた子は、施設で虐待や粗暴な行動に走る。なぜなら、「不和に満ちた世界」が安心であり、虐待がないと逆に落ち着かない、破壊的に振舞うことで精神的に安心する。自ら叱責されるために問題行動を起こし叱責されて初めて安堵するのだと。そういうこども達の養育の困難をどう乗り越えて行くのか。特効薬はないが、乳幼児をなだめるのと同じ、心身の状態を推し量り、落ち着かせ、同調し、時に言葉を与えて収める、ことの繰り返しの中で、「心のよりどころ、シビアな状況でも助けてくれる他者がいるんだ」という深い確信が芽生えるように。

今なぜ虐待が増えているのか?虐待=社会、家族、人の孤立。それぞれの家族が孤立化し、社会が助け合わない人間関係になっていることが原因と。ある医学者は、医学的に「他の動物と異なり、そもそもヒトの子育ては元来、両親以外の親しい他者を巻き込みながら、社会的サポートを付与されることを前提に仕組まれている」のだと。では、さしあたり何ができるか? まずは子ども、特に赤ちゃんを疎まないこと、できればこども、赤ちゃんを大事にする社会になればと。。

2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)