· 

石川県立高校2年生より当こども食堂等を研究された論文届く

石川県トップの進学校として有名な石川県立金沢泉丘高校の2年生6人より、当こども食堂などについて研究されたいとのことで、アンケート調査に協力させていただいておりましたが、この度研究論文がまとまったとして、送付してくださいました。添付のお手紙に「子ども食堂の実際の状況などは初めて知ることばかりで、とても勉強になりました。私たちははじめ、子ども食堂の抱える問題点は食料の不足だと思っていました。しかし調査してみると、担い手の不足や認知度の低さの方が大きな問題点だということが分かりました。(中略)私たちは7月に英語での研究成果発表会を行う予定です。現在はこの研究をよりよく、世界に目を向けたものにできるよう、様々な論文を読んでいるところです」と書かれていました。

また論文の要旨には、「全国でこども食堂によるこどもへの食育支援活動が行われている中、私たちはこども食堂に対して、”貧困の子供たちの居場所”、”こどもだけのための場所”という固定概念を抱いている。また若者におけるこども食堂の認知度が低いため、将来的にこども食堂の担い手が不足し運営が困難になることが懸念される」とし、高校生を対象としたこども食堂の認知度を高めるイベントの開催を提案したいとまとめられていました。

 

本研究を通じて、将来の担う若い方々が、日本におけるこども達を取り巻く社会課題に目を向け、その解決に将来携わることを志されることを期待いたします。ご苦労様でした。

2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)