· 

2月のこども食堂開催 ご支援頂いた皆さま、誠にありがとうございました

2月のこども食堂を2月17日に開催させて頂きました。今月は先月に引き続き、3月24日のこども服 おさがり交換会と自治会館のお別れ会に掲示する作品の制作でした。大学生のボランティアメンバーの発案で、一枚の大きな紙にみんなで力を合わせて手形で絵を描こう!という企画でした。幼稚園から小学校高学年まで年齢層が幅広いし、こども達興味持ってやってくれるかなとちょっと気がかりでした。やはり最初はこんなに大きな絵を描いたことがないし、それも手形で描くなんて手も汚れるとちょっと尻込みしていましたが、やってみるとなかなか面白い。どんな木にしようかとこども達で相談して、みんなで力を合わせて作成、巨大な桜の木になりました、巨大な壁画でサイズは6畳くらい(全紙10枚)です。3月3日の次回こども食堂で完成予定です。最後までひたむきに絵を描いているこども達の姿に感激いたしました。こども達のやる気と、豊かな想像力を引き出していただいた高校生、大学生のボランティアの皆さん、誠にご苦労様でした、ありがとうございました。

ということでみんなで絵を描いた後、一斉に食事タイム。大混雑でしたが、お互い譲り合って座って頂けました。ボランティアのお母さん方の美味しい料理にほぼみんな完食。どの食事も大変美味しかったです!特には季節の野菜(大根、ほうれん草など)、大根のカレーとサラダがこども達に大好評、おかわりしたい子が沢山いました。食材をご提供いただいた皆さま、調理を担当くださったボランティアの皆さま、誠にありがとうございました。参加人数はこども24人、大人13人、ボランティア・スタッフ・理事15人で総勢52人でした。また前日から準備にお越し頂きました4名の熱心なボランティアの皆さま、誠にありがとうございました。当こども食堂では、このようにこども達やこども達を取り巻く様々な方々が「つながりあい」、「たすけあう」機会、場の提供を今後とも進めてまいります。(掲載している写真はスライドショーになっており、沢山の写真を掲載しています、以下の「続きを読む」をクリック。こども達の奮闘をどうぞご覧ください)

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)