· 

2019年1月こども食堂開催

1月20日(日)に第7回こども食堂を、任意団体せいじゅん たすけあい こども食堂会場と、第二会場として無償でご提供下さっている地区の自治会館で開催いたしました。あいにくの雨で、こどもたちきてくれるだろうかと心配いたしましたが、カッパをきて自転車で来てくれた常連の女の子たちや、いつもの常連メンバーに加えて、遠方よりお越しの初参加のファミリーなど、こども20名、おとな7名と合計27名の参加者と、ボランティア・見学者が13名、理事・幹事(監査役)・常勤スタッフ8名の総勢で48名でした。

今月より3月のこども食堂まで3回で、いつも当こども食堂の第二会場として利用させていただいている地区の自治会館が4月より建替え工事に入るということで、3月24日に当こども食堂と地区のこども会との共催で開催する「こども服 おさがり交換会」に合わせて同日開催される自治会館の「おわかれ会」(自治会と共催)に向けた飾りつけを、こどもたちとボランティアのみんなで始めました。ボランティアメンバーの手引きのもと、みんな熱心にデコレーションを作ってくれました。来月はみんなで大きな紙に共同で絵を書こうという企画が大学生ボランティアより発案されました。

 

当こども食堂の理念(めざす姿)は、こども食堂を通じた「たすけあい、支え合う社会の実現」であります。インターネットが普及し誰とでも繋がれる現代社会において、こどもたちや人々はむしろ孤立化し、ひととひととの絆が失われつつあると感じています(いじめや不登校、ひきこもり、友達と馴染めない、日々孤独を感じているなどこども達を取り巻く環境は厳しさをましています)。今の社会は「つながりの貧困」、「経験の貧困」に陥っているとも言われています。

 

「絆」とはなにか?どうすれば「絆」を取り戻せるのか? そのヒントは残念ながら大災害のときにみられます。「絆」とは「人と人とがたすけあい、ささえあう」姿の中に生まれていくと思います。当こども食堂では、様々な活動を通じて、ひととひとが支えあい、たすけあう心を、こどもたちにうつしていきたいと考えています。こども食堂というのは学校でもない、家庭でもない、誰でも集える居場所です! こども達が日常では会えない、体験しないような様々なこどもやおとなとの交わりやふれあいの中で、相手を「思いやる心」を育んでいく、そのきっかけ作りのお役にたてればと思っております。12月のクリスマスパーティーは、知らない同士でのにわか作りのチームでのチーム対抗ゲーム大会(チーム崩壊かと最初は心配しましたが、ボランティアのおねえさんの奮闘あって中盤よりすごい団結力に変貌)でしたが、12月で同じチームだった知らない、年齢も離れたこども同士が、本日はもう、おねえちゃんが弟、妹をうまくあやすように、仲良く遊んでいる姿に、大学生ボランティアのきっかけづくり、後押しから生まれた「たすけあい、ささえあう」ことのヒントがあるように感じました。

 

最後になりましたが、今回雨の中、お越し下さり、私どもの活動理念に共感頂き、こどもたちのために、まごころを込めて、精一杯お勤めくださりましたボランティアの皆様に心より感謝申し上げます。みなさんそれぞれ強い思いを感じさせていただきました、誠にありがとうございました。来月は2月17日(日)でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。 

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)