· 

第五回 こども食堂を開催

第五回のせいじゅん たすけあい こども食堂を開催させて頂きました。今回は「なぞなぞクイズラリー」、何度もチャレンジするお子さんもいて大いに盛り上がりました。参加者の子供たちは過去最高だった前回とほぼ同じ約25名(ボランティア含めて総勢約45名)でした。また今回も素晴らしいボランティアの皆様に恵まれ、来てくれたこども達やご家族より「すごく楽しかった」「また来たい」との感想を沢山頂きました。はるばる三重県や奈良県中部より来てくれた高校生、大学生のボランティアの皆さん6名。様々なボランティア活動にご関心のあるママさん、パパさん。調理、配膳、炊事、こども達と遊んだりと、それぞれの持ち場で、暖かい心をこども達におかけ下さり、真心を込めてお勤め下さいました。お母さんと一緒に来られたお子さんは、いじめで学校に行きづらく、家で寂しくしているので、お母さんがなんとか元気になってほしいと、2か月前に親子で当こども食堂に来られましたが、その折にボランティアのお姉さんに遊んでもらって、元気になり、今日は一人で来て、みんなとすごく楽しくはしゃいでいました。こども達の心に寄り添って、一緒に遊んでくれる素晴らしい高校生や大学生のボランティアと、真心をこめて食事を作って下さるママさん、パパさんボランティアのチームワークのおかげで、こども達も元気をもらったように思います。ある常連のお子さんは、ここのカレーが大変美味しいと、そのお母さんや妹を初めて連れて今回も参加してくれました。

 土曜日に事前準備に来られたベテランのママさんは、お寺などあちこちのこども食堂で熱心にボランティア活動されていますが、そのママさんが「このこども食堂は、アットホームな雰囲気がすごくいい。またボランティアメンバーのミーティングで参加者の声が反映される。毎日でも本こども食堂に関わっていきたい」とおっしゃってくださいました。もったいなことです、ご期待に沿えるように精いっぱい努めさせて頂きたく存じます。今回ボランティアにお越しいただいたのは前日準備に5名(うちお二人はお子さんボランティア)、当日が14名(うちお二人は前日もご参加)がお越しくださいました。誠にありがとうございました。

 また今回の食材寄付は、お米(こども食堂ネットワーク関西さま、まつやま子ども食堂さま)、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、豚肉、リンゴ、みかんでございます。真っ赤で大きなリンゴとミカンは、先のブログに書かせて頂いたとおり、海外にお住いの方よりのご寄付でございます。こどもたちは毎回フルーツを大変楽しみにしておりまして、みんなでおいしく頂きました。ご寄付頂きました皆様に感謝申し上げます、誠にありがとうございました。

 さらに今回、会場にジャガイモ一箱とジュース二箱をはるばる遠方より車でお届けくださったパパさんには、誠にありがとうございました。使わせていただきます、ご支援誠にありがとうございました。

 

2020及び2021年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

株式会社 若松建設 代表取締役 若松 慎次さま


井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)