· 

海外にお住いの方より果物のご支援

明日11日は第五回こども食堂です。本日事前の準備のため、3人のボランティアの方々が、ご多忙のなか、準備にお越し下さりました、大変助かりました、こども食堂にお掛けくださる真実に頭が下がります、誠にありがとうございます。

 

さて、海外にお住いの方より、信州産の大変大きな立派なリンゴと愛媛産のミカンを沢山、頂戴いたしました。当方へのお便りに「今回こども食堂を知るきっかけとなったのは、「誰も置き去りにしない社会」という本とNHKの番組からです。外から日本をみるととても裕福に見えるのですが、貧困の差というものが昔より広がっているように思えます。子どもたちがよりよく生きようと思っても、親も子供も格差や貧困を受け入れ(または受け入れざるを得ない状況で)諦めてしまっているとのことです。そこで何か自分に出来ることはないかと思い、実家から一番近いこども食堂に連絡させてもらいました。」とお書きくださっています。

はるばる海外より大変暖かいお心をお掛けくださり、心から感謝申し上げます、誠にありがとうございます。明日も、子供達の笑顔がたくさん見られますように、スタッフ、ボランティアの方々と力を合わせて精一杯勤めさせていただきます。

 

こども食堂年間サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

井下 泰三さま

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾浩一さま

新徳丸株式会社 中島広さま


「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)