プログラミング教室(ロボット制御)

《開校にあたって》

 

本年度より小学校でプログラミングが必須科目となります。

 

そのことを踏まえ、こども達がプログラミングに慣れ親しみ、楽しくプログラミングを学ぶことで、論理的な思考の形成や、他の教科への学習意欲の波及、さらには将来の夢の選択肢の一つとなると判断し、本年4月にプログラミング教室(無料)を開校、月に3回実施することといたしました。

 

こども食堂でプログラミング教室を常時開催しているところは全国にはないようです。(当こども食堂調査)

 

今春4月の講座開設を目指して学生ボランティア有志(主として高校生)によるプログラミング・タスク・フォースを立ち上げ、文部科学省作成の指導の手引きや研修教材、種々の教材等をもとに、楽しくプログラミングを勉強できるような独自の企画と、月2回の無料学習支援の場にはトライアルを実施しました。

こども達や高校生ボランティアの反応は想定外に大きく、自分でキャラクターを動かす驚きと感動、「ものづくり」の楽しさ、夢中になれる居場所であり、更に高校生ボランティアにとっても、こども達にプログラミングを教えることで自信をつけながら成長できる場所となっています。

 

そして新たに始めるロボット作成・制御は、画面上でキャラクターを動かすプログラミングの枠を超えて、イメージ(夢)を現実の姿、形として具現化できる機会としてこども達から大変期待されています。

 

更に進んで、中級以上のこども達には、2020年3月~4月に実施したクラウドファンディングでご寄付を頂いた資金を用いて、プログラミングでロボットを動かすことで、プログラミング基礎・ロボット制御を体験しながらを学んでもらいたいと考えています。

 

中級以上においては、更に高度な作品作りを通じて、多様なプログラミングの世界を理解できるようにします。

 

 

《本プログラミング教室が目指す姿/実現したい未来》

プログラミングのスキルだけをこども達に教えようということではありません。

 

■ 第1ステップ

「学校に行きたくない」「勉強がきらい」「友達付き合いが苦手」「将来の夢がない」など、少なからずこども達が感じている不安や生きづらさを少しでも解消できたらと思っています。夢中になれる学びを高校生や大学生のボランティアの支えを通じて学ぶことで、こども達が安心できる「居場所」「とまり木」でありたいと思っています。
 

■ 第2ステップ

プログラミングはロボットやドローンなどのICTを動かすスキルではありますが、そのような能力に留まらず、論理的な思考、こども達の基礎学力や日々の問題解決力、論理力、解析力の向上に繋がっていくと考えています。
 

■ 第3ステップ

こども達の将来の夢の選択肢を広げることにもつながります。将来、数学、物理学、天文学、機械工学、情報工学などの自然科学における学びや、経済学、法学などの人文科学を勉強したいという将来の夢にもつながっていければと思っています。

 

またこのプログラミング教室を積極的に企画・運営を行ってくれている心優しい高校生ボランティアにとっても輝ける「居場所」となることを祈っています。

 

 

2020年5月5日

特定非営利活動法人 せいじゅん たすけあい こども食堂

代表理事

乾 真理


《コースワーク》

当法人では、公立小学校でのプログラミング教室の必修科目化を先取りし、2020年2月よりプログラミング教室を開始しております。プログラミングの基礎から、公立小中学校での授業、教材の範囲を超えた専門的で高度な教材(コンピュータミュージック、ロボット制御やゲーム作成など)まで、こども達の興味や修学度に応じた豊富な教材、プログラムを用意しています。修学度に応じて、コース別になっており、現在は入門コースと初級コースを開講しています。

 

対象:小学生~中学生

 

開催日時:

 こちらの総合カレンダーでご確認くださいませ

 

費用:無料

場所:土曜日開催分 こども食堂本部

   日曜開催分  市立南部公民館

 

持ち物:特に不要です(PCは当法人で用意しますが、もし持参いただけるPCがあれば持参ください)

 

予約:完全予約制

定員:開催日、クラスにより異なります、以下の申し込みサイトで確認くださいませ(完全予約制)

 

お問い合わせ:法人事務局 inuin1598@gmail.com


入門コース(約6~9時間程度)

以下の教材を用いて、「プログラミングとはなにか?」についての基礎的な理解とタイピング(ホームポジション)を学びます。

 ・コードモンキーJr.

 ・コードモンキー

 ・コードスタジオ

 ・ココアの桃太郎

 ・教育出版 多角形描写

 ・教育出版 信号制御 など

修了の目安:押しボタン型歩行者信号のプログラムを自力で

 作成できること


初級コース(約9~12時間程度)

ロボットプログラミング教材mBLOCK、更には音楽と数学とプログラミングを同時に学べるソフトMusic Blocksを用いて、音楽演奏と複雑な図形描写の方法を学ぶ過程で、より実践的で多様なブロック(命令)の使い方について学びます。

 ・楽譜の読み方の基礎とリズムの理解

 ・パーカッションのプログラミング

 ・簡単な曲のプログラミングによる演奏

 ・幾何学模様の作画

 ・タイピング教材「キーボー島」

修了の目安:Music Blocksなどを用いた自分の好きな曲のプログラミング作品の完成(ミニ演奏会での演奏)、及び好きな幾何学模様の制作(夏休みの自由研究として提出できるレベルのもの)

 


初中級コース(約9~12時間程度)

いよいよロボットプログラミングに入っていきます。ロボットmBotの制作に始まり、mBotの制御の基礎を学びます。

 

 ・ロボットmBotの作成(小学校高学年以上)

 ・mBotのLEDライトや音、光センサーや超音波センサー

  をプログラミングを用いた動作、制御

 ・ロボットの移動、ライティング、音楽を鳴らすなどの

  制御プログラミング

 ・ タイピング(ブラインドタッチ)の練習

 

修了の目安:タイルトレーシングゲームの作成(夏休みの自由研究として提出できるレベルのもの)


中上級コース(約12時間以上)

ビジュアルプログラミング「スクラッチ」などを用いて、自身の興味のある作品を、チューターのサポートを得ながら作成する。年1回程度こども食堂で開催予定の発表会での発表を目指す。

 ・コンピュータミュージック

   複雑な音楽作品の演奏や作曲

 ・シューティングゲームやロールプレイングゲームの作成

 ・ロボットを用いたライントレースと迷路ゲームの作成

  など

 ・ タイピング(ブラインドタッチ)の練習


2020年度、当法人の子供の居場所づくり、学習支援、育児放棄、虐待防止の相談・支援事業等に対し、子供の未来応援国民運動(事務局:内閣府、文科省、厚労省、福祉医療機構)より、助成を受けています。

 

こども食堂 年間支援サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


クラウドファンディングプロジェクト

「こども達の居場所としてプログラミング教室を! こども食堂の新たな挑戦(ロボットの導入) 

ご支援を頂いた方々のうち、HPに御氏名を掲載頂けた方々です。なお35名の方々よりご支援を頂きました。

土橋 清治さま

 

 

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

鈴木 吉一さま

 



「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)