開催報告

開催報告 · 28日 3月 2020
2月より月2回、プログラミング教室をプレオープンし、教材のトライアルを行っておりますが、本日開催させて頂きました。2月より無料学習支援日の後半1時間がプログラミング教室ですが、びっくりしていることは、今まで10分と集中して勉強することが難しかったこども達が、後半のプログラミング教室が楽しみで、前半の1時間半の学習を、まるで人が変わったように、真剣に休憩も取らずに勉強するようになったことです。 こども達のやる気を大いに引き出す効果が既に現れています。また勉強にやってくるこども達も増えています。 皆様のご支援を頂き、さらに多くのこども達に波及できるように勤めたく存じますので、何卒ご支援方よろしくお願い申し上げます!! 参加者はこども7、大人2、ボランティア・スタッフ8でした。
開催報告 · 18日 3月 2020
ホームページへの掲載をうっかりしておりました。こども食堂の学習支援は感染症対策を徹底しながら、継続させて頂いております。3月14日(土)夕方に、無料学習支援とプログラミング教室を開催させて頂きました。感染症対策として、来訪時に健康チェックし、全員手指のアルコール消毒を徹底、極力マスクを着用し、席は長机に1人づつ1m以上間隔をあけて座り(そもそもPCが一人1台机上に用意しておりいるので1人しか座れないが)、換気の徹底を行いました。常連の小学3年生の男の子は、後半のプログラミング教室が非常に楽しみでソワソワ、でも以前ならギブアップしていた難問の算数(中学入試レベル)にチャレンジ、一度も休憩することなく、1時間半の勉強に集中していました。また土曜日の学習支援に親子3人と女の子が初めて来てくれました。初めてやってきた小学生の女の子は、お母さんに連れられていやいややってきたと、後からお母さんから聞きましたが、プログラミング教室が非常に楽しかったようで、帰りには喜んで帰っていきました。今回のプログラミング教室は、パソコンのタイピングの練習にて、ホームポジションを習得するロールプレイングゲームでした。ある低学年の男の子は、なかなか才能あるなあ、とお母さん共々びっくりいたしました。 プログラミング教室を初めてびっくりしたことは、なかなか10分と座っていられなかった、あるいは勉強習慣がまだ十分ついてないこども達が、びっくりするほど、プログラミング教室の前の学習の時間に、集中して勉強するようになったこと。人はこれだけ変われるのかと、驚いています。 こども5、おとな2、ボランティア・スタッフ5でした。ボランティアの先生方、誠にありがとうございました!! また今回もサンドイッチと焼きそばパンをサンデリカさまよりご寄付頂きました。いつもいつも誠にありがとうございます!!
開催報告 · 29日 2月 2020
新型コロナ感染症予防の対策として、来訪時など頻繁な手洗い、密集しないような机の配置、部屋の換気を行いながら、学習支援を開催させて頂きました。今日は初開催のプログラミング協室が後半にあることもあってか、前半1時間半の学習支援は、誰も途中に休憩することなく、かつてないほど長時間みんな真剣に勉強に取り組んでいました。その後休憩もほとんど取らず、いよいよプログラミング教室がスタート! 高校生、大学生のサポートを受けながら、プログラミングHour of CODEにチャレンジ。 マウスの使い方から始まり、その後、ビジュアルプログラミング教材にチャレンジ、楽しいプログラミングにアチコチで歓声が上がりあっという間の1時間が過ぎました。こども4、大人2、ボランティア・スタッフ7の合計13人でした。 Hour of Codeは、「コード(プログラム)」の謎を解き明かし、誰もがその基本を学ぶことが可能なことを明らかにして、コンピューターサイエンス分野への参加者を拡大するため、1時間のコンピューターサイエンス入門として始まりました。1時間のコーディング(プログラミング)が、いまや様々なコミュニティの取り組みへと拡大し、コンピューターサイエンスの発展のための世界的な取り組みとなっています。チュートリアルとアクティビティをご覧ください。この草の根キャンペーンは、世界中の400以上のパートナーと200,000以上の教育者によってサポートされています。
開催報告 · 13日 1月 2020
1/13に開催させて頂きました当こども食堂の特定非営利活動法人の設立総会、記念講演会および記念パーティーには、非常に多くの方々がお越しくださり誠にありがとうございました。会場の自治会館に入りきれない程一杯となり、用意していた資料が不足することとなり、お渡しできなかった皆様には誠に申し訳ございませんでした。ご入りようであれば、メールにて送付いたしますのでご用命下さいませ。上田大和郡山市市長、藤野県議会議員、林市議会議員、村田市議会議員、かわだ市議会議員を始め、大和郡山市立筒井小学校の教頭先生や県社会福祉協議会、市社会福祉協議会、パナソニック労働組合、民生委員、大和郡山市役所、地元および近隣自治会長や役員の皆様、地元住民の方々、当こども食堂のボランティア、スタッフの方々、当こども食堂にご関心ある方々など、様々な方々がお越し下さいました。 パナソニック アプライアンス労働組合さまにおかれては、当こども食堂の為に昨年11、12月と街頭にて当こども食堂のために募金活動を行って下さり、本日設立総会に先立って本間 久士副支部執行委員長さまと林市議会議員がお越し下さり、本間執行委員長さまよりご挨拶を賜り、贈呈式を行わさせて頂きました。 設立総会では、発起人会で発起人より提案された議案(設立趣旨書、定款、役員、活動計画書、予算書、確認書)につき、正会員全員により賛成をえて可決されました。 また記念講演会では、京田辺市で行きづらさを感じている多くのこども達への支援を15年に渡って行なっている一般社団法人レーブの井山信久代表(当こども食堂理事に就任)より、今のこども達の現状と子育て支援のあり方のついてお話頂きました。更に上田市長より、記念パーティーにて「こども達の子育ちを支援し、生きる力を高める活動を展開してほしい」とのお言葉を頂きました。誠にありがとうございました。 なお今後奈良県に対し認可申請を行い、4月頃に認可、法人格の取得を目指しています。
開催報告 · 05日 1月 2020
本日1/5は今年最初のこども食堂のイベント「新春の遠足」でした。残念ながら天理駅前のコフフンの二つのアトラクションは今日までお正月休みでしたが、他の遊具で遊び、おせちのおすましを沢山頂きました。すごい人出で、寒い中待ち時間が長かったですが、お餅を沢山頂きました。今のこども達は、食事の時に、みんな揃ってみんなで「いただきます」といって食事する習慣があまり根付いていないんです。1人寂しく食事する孤食や、食べ物がどのようにして育てられ、作られているのか知らないこども達も多いです。そこで、今年のこども食堂は、みんなでご飯を一緒に食べる「共食」と、食べ物や食事を通じて、食べ物のこと、食べることの意味や食べ物の有難さ、栄養のことなど学ぶ「食育」をキーワードに活動していきたいと思っております。遠足の参加者はインフルエンザで来れなかったこども達もいて少なかったですが、こども5、大人2、ボランティア・スタッフ3の合計10人でした。
開催報告 · 18日 11月 2019
11/17のこども食堂終了後に、映画「こども食堂にて」 の上映会を実施させていただきました。 参加者の方のアンケートの一部を以下記載させていただきます。 「とても共感できる映画でした。自分と重ね合わせ、こどもに対する気持ちがかわりました」(10代男子高校生) 「こども食堂の役割をしれました」(10代男子高校生)...
開催報告 · 14日 11月 2019
乳幼児とママさんのこども食堂「Mommy' CAFE」を開催させていただきました。ママさん7人と赤ちゃん3人がお越しくださいました。初めてお越しの方、リピーターの方、ほのぼのした雰囲気のCAFEでした。是非お越しくださいませ!!
開催報告 · 30日 7月 2019
8月25日(日)開催予定の8月のこども食堂(遠足)に向けて、ボランティア・スタッフの研修会を兼ねて、常連のこども達らとともにデーキャンプを、大和郡山市立少年自然の家「風とんぼ」で開催致しました。今日は猛暑でありましたが、少し海抜が高く、緑が大変多い山の中にて、快適に過ごすことができました。小学生の女の子達は午前中、市内の保育所にてボランティアに参加のため、食事は男の子だけで作りました。写真のとおり、こども達メインでの調理ができました。できるかなと少し心配しましたが、みんな大変料理や火起こしに興味を持ってくれて、「なにか仕事ない?」といってくれる男の子もいて、女の子がやって来る前に予定より早くに出来上がりました。こども食堂では日頃やんちゃな男の子達ですが、興味を持ってくれると、結構真剣に取り組んでくれてビックリしました。昼食後は、山の中に冒険として本格的なアスレチックに出かけました。フィナーレはスイカ割り!! 認定学生ボランティアの高校生、大学生の皆さん、誠にお疲れさまでした、ありがとうございました!! 研修会の参加者は、こども7,おとな2,ボランティア・スタッフ6の合計15名でした。8月の子ども食堂はこんな感じで開催させていただきますので、是非お越しくださいませ!! こども達だけでの参加も大歓迎です。 (以下の「続きを読む」とクリック頂くと本日のこども達の活躍の様子につき、沢山の写真をご覧いただけます)
開催報告 · 29日 7月 2019
7月の遠足として28日(日)に「こどもおぢばがえり」に参加させて頂きました。前日に台風が通り過ぎ、真夏の日差しが戻る中、アスレチック、SL機関車のり、魚釣り、砂場、プール、忍者村(忍者と水鉄砲で対決)、ピッキーステージ(劇、和太鼓の演奏、バトントワリング)の行事に参加いたしました。いつものこども食堂とはまた違った雰囲気で、様々な行事を通じてこどもたち同士が同じ時間を一緒に過ごす中で、お互いに知らないこどもたち同士が友だちになったり、ボランティアの高校生、大学生が、こども達のお世話を一生懸命してくれたりする中で、お互いに心の繋がりができたように感じました。暑い中でしたが、大変ほのぼのした遠足になりました。高校生、大学生、社会人のボランティア・スタッフの皆様、大変お疲れになったと存じます。誠にありがとうございました!! 参加者は26名(こども11,おとな7、学生ボランティア3,スタッフ5)でした。
開催報告 · 05日 5月 2019
昨日のクラシックコンサートに続いて、天理の「ピッキーひろば」と「天理駅前広場コフフン」に遠足に出掛けました。晴天に恵まれ暑かったですが、こども達は元気にアスレチックや手作りの遊び、工作、トランポリン、ステージ、手品ショーなど、おもいおもいのコーナーに出掛けてお姉さん、お兄さんと遊びました。初めてこども食堂に参加したこども達はちょっと緊張気味でしたが、お姉さん、お兄さんに誘われ、だんだんに打ち解けて、楽しんでくれたと存じます。なんとかこども達を楽しませようと、こども達に暖かく接して頂いた若きボランティアの女性お二人に心より感謝申し上げます!! こども達には、優しい心、温かい心、という大きなお土産を持って帰っていただけたと存じます。誠にありがとうございました‼︎ 参加者は、こども11人、大人9人、ボランティア・スタッフ6人の合計26人でございました。また奈良市および天理市のお寺よりご寄付を頂きました沢山のお菓子は、参加のこども達らにお渡しさせて頂きました、誠にありがとうございました!!

さらに表示する

こども食堂年間サポーター様

当こども食堂をご支援くださっている「こども食堂年間サポーター」さまをご紹介いたします。誠にありがとうございます!!

井下 泰三さま

 

Alex工業株式会社

代表取締役 菊谷 雅則さま

株式会社 ニシオホールディングス

代表取締役社長 西尾 浩一さま

新徳丸株式会社 中島 広さま


「こども食堂年間サポーター」さま(企業・個人など)を募集しております。社名またはバナー広告を掲載いただけます。申し込み、お問い合わせは、本HPの「年会員への加入・ご寄付のお願い」のページまで

(バナー広告掲載イメージ)